Nostalgic Dream Girl

愛と希望の物語

思わず君の名前を呼ぶ もはやこれまでのようだ


 2018年9月8日は私にとって決戦の日でした。何と戦うかって?そりゃあ勿論自分の心とですよ。なんてったって会うのが2016年12月25日振りでした。いやもう本当にめちゃくちゃ緊張してた。完全に胃痛の一因だった(今は治りました)。

 まず電車降りて10秒で知ってる顔と出会ったのがめちゃくちゃ面白ポイントだった。普通会ったら「あ〜!○○ちゃん〜♡」みたいな感じになるじゃないですか、先月会ったとはいえ偶然会ったらそうなるじゃないですか、普通。私と彼女は普通ではなかった。目が合った瞬間笑いのビッグバンが起きた。なんか分かんないけどめちゃくちゃ面白かった。
 人生で初めて降り立った岸和田駅なか卯と商店街と田舎にありがちな馬鹿でかいモールがあったことだけ覚えてるけど本当に何もなかった。多分短いスパンで箱抑えようとした結果のあの箱だったんだと思うんだけれど私はホールじゃなくてライブハウスが良かったです!!!!!!!!!!!!!!!!(腹の底からの大声)

 まあなんか色々あって、数年振りに仲良しズが揃いました。伊東さんのおかげで仲良くなれた素敵な人間達。あまりにも人として色んな意味で最高に面白いので恐らく彼女達は4人とも人間ではないと思うんだけれど、まあ兎にも角にもとても大切な友達。こんなろくでもない女の面倒をずっと見てくれてて甘やかしてくれて叱ってくれるとても良い友達。
 5年前に「10年後また笑って話せるそんな仲間でいようね〜」って冗談半分で言ってたけど折り返し地点来ちゃったな。これあと5年どころかずっと仲良いやつだな。私達のいいところは、多分おばあちゃんになっても伊東歌詞太郎(フルネーム)は変わらず伊東歌詞太郎(フルネーム)で、私達はずっと些細なことで笑っていられて、それは全部伊東歌詞太郎(フルネーム)のおかげだね〜って言えるところ。私は嬉しい。

 そう、そんなわけで私達は伊東歌詞太郎さんに会いに行きました。イン浪切ホール。駅から地味に遠かった。


 今日こそは泣くまい、と意気込んで臨んだんですが、初手がアカペラだと思ってなくて私は思いっきり泣いた。いや、あれは泣いちゃうでしょ。
 あれは伊東さんが世界一かっこいいロックスターである証明で、あれは伊東さんの音楽が最高に大好きだと実感できる歌で、あれは一瞬であのホールを伊東さんの色に染めちゃえるような、そんな歌だった。
 伊東さんが音楽をやれること。音楽に触れられること。歌を、歌えること。それは伊東さんにとっての最上のものであると同時に、私達の最上の喜びでもあるから。伊東さんが楽しそうに音楽やってる姿を見ると、それだけで嬉しくて嬉しくて涙が出ちゃうんだ。なんかもう、多分細胞がそういう風になってる。最も初めにあの人の歌を聴いた時に、きっと身体が作り変えられてしまったのです。

 音楽に愛された彼が、音楽をやっている時の姿が好きです。音楽に触れている時の、幸せそうな顔が好きです。本当に嬉しそうに、楽しそうに歌を歌っている時のあの声が、ブレスが、マイクを持つ手が、マイクのコードを持つ反対の手が、リズムを取る足が、あの笑顔が。音の渦に飲み込まれてゆくその姿は、世界の何よりもきらきらと輝いていて、正しくそれはずっと私の宝物で。私の心臓に直接届いてくるその歌声を聴くために私の耳はあり、その姿を見るために私の両方の目はあり、そのリズムを感じるために私の身体はあり、その全てを記憶するために私の脳はある。そして、そのかっこよさを、素晴らしさを、熱を、まだ伊東さんの音楽に出会っていない誰かに知ってもらうために、この口とこの言葉は存在する。本気でそう思えるくらい、私はきっとこの先もずっと伊東さんが好きで、あの音楽を信じている。

 カナリア・シンデレラという曲があります。本当に本当に、すごく好きな曲で、大切な曲で、いつも泣く曲です。ばずじーさんは天才だよ。半端ないって(元ネタを詳しく知らない)。
 私は、私達は、伊東さんの声に正しく恋をしている。迷わずに歌うその姿に、恋をしている。叶うなら、伊東さんが死ぬその瞬間まで、私は伊東さんに歌を歌っていてほしい。あの人が愛した歌を、信じた音楽を、歌ってほしい。奏でていてほしい。

 ピエロの「客席に見せない仮面の下の 貴方が隠した素顔を見せて」で目元を手のひらで隠す伊東さんを見た瞬間に崩れ落ちそうになった。割と泣いた。歌い方のクセがちょっと変わったり、MCが下手になったりしてたけど、あの人は何も変わってなかった。北極星の「ようこそ」で両手を広げるところも、変わってなかった。中指は立てるようになったらしいけど(嬉しいことに前の人の頭で私は目撃していない)、私が好きになった伊東さんはそこにいた。ずっとそのままだった。ピエロ、2013年のカウントダウンライブで歌ってたなあ。会場のサイリウムが一気に緑色になったのを見て驚いた顔をしてたのがめちゃくちゃ印象的でずっと覚えてる。


 こう、上手くは言えないんですけど、クズの本懐から引用するならこの世に存在する美しいものは全て伊東さんの歌声を表現するためにあるんだと思います。元ガチ恋勢なのでもう本当、こういうことを言うのはすごくアレなんですけど、私もうあの人の白さも細さも顔も性格も髪色も身長も服装ももう本当に何もかもがめちゃくちゃかっこよく見えちゃうしめちゃくちゃ好きなんですよ!!ええ!!もう開き直っちゃうぞ!!私なんだかんだ言って伊東さんのことめちゃくちゃ好きです!!!!すみません!!
 でももうきっと全力で追いかけることはできないんだと思う。全通とかなんとか、多分もうできない。でもそれは何に対しても一緒。毎日心臓が痛くなって、毎日泣いて、でもやっぱり好きだからって理由だけで駆け抜けられた日々にはきっともう戻れない。あれだけの熱量を、私はかつて向けていた伊東さんにも伊東さん以外にももう向けられない。好きという気持ちだけあればそれで十分すぎる理由だけれど、私は好きという気持ちだけで動くにはあまりにも大人になってしまった。年齢的な意味ではなく、精神的な意味で。
 私は伊東さんに夢を託していた。託して、って言われたから、託していた。もし夢がないのならその夢を俺らに託してください、っていつかのライブで言われたから。私は夢を彼に預けた。それよりずっと前から伊東さんそのものが夢ではあったけれど、その言葉によって私の夢は伊東さんそのものから伊東さんに託したもの、になった。でもね伊東さん、私もう大丈夫だよ。夢と呼べるほど大層なものではないけれど、ちゃんとやりたいことを、叶えたいことを見つけられたから。だから、だから大丈夫だよ。私の夢を背負ってる自覚なんてなかったと思うしむしろあったら気持ち悪いなって思うけど、預けてた未来は、託してた夢は、背負ってもらってた希望は、伊東さんのものじゃなくて私のものにするよ。ちゃんと。ひとつひとつの駅に停車していくあなたみたいに、私もひとつひとつちゃんと積み重ねていくよ。頑張るよ。結局私は生き方さえあなたを見習ってしまうけれど、でも私はあなたの生き方が好きだから、私もそうやって生きたいって思ったから、後押ししてもらったから、だから頑張るよ、頑張れるよ。
 だから、織姫と彦星みたいに、年に一度歌ってる姿を見れたらそれで十分。今回は1年以上空いちゃったけど、定期的に会いに行こうと思いました。伊東さんに会ったらね、未来のことを考えられるの!ああしようこうしよう、って思えるの。
 死にたくて死にたくて苦しい夜にも、声を上げて泣けなかった夜にも、眠れなかったまま迎えた朝にも、どんな時にもイヤホンからはあなたの音楽が流れていたよ。あなたの音楽に救われ続ける人生だったよ。きっとこれからもそう。行き詰ったり、迷ったり、止まったりすると思う。でもきっと伊東さんの音楽が全部吹き飛ばしてくれる。背中を押してくれる。君の好きなように生きていいんだよ、って伝えてくれる。伊東さんは私に本当に本当にたくさんのものをくれました。いつか恩返ししたいなあ。

 少し話は脱線してしまったけれど、伊東さんに出会える人生で良かったなって心の底から思うし、伊東さんの音楽を好きになれて良かったなって思うし、伊東さんが音楽を続けられることが本当に本当に嬉しいです。神様も伊東さんもなんかもう世界中全部ありがとう。明日からもとっても前向きに、ポジティブに、私らしく、楽しんで生きます!ねえ伊東さん、私あの時死ななくて良かったや!だって今、こんなにも生きるのが楽しいんだもの!ありがとう!