そんな顔はしないで 立ち止まらずに行っておいで

ブログというより記録。モチベがジェットコースターなので今めちゃくちゃ内田さんが好きです。宜しくお願いします。インスタのストーリーに書こうとしたんですけどさすがにアレかなと思ったのでこちらに残しておきます。




モチベがジェットコースターだから昼頃は「内田さんの事あんまり好きじゃないのかもしれない… もう生身の人間はいい…」とか言ってたのに今はめちゃくちゃ内田さんが好き〜〜〜〜〜!今だけ死ぬほどモチベある!ジェットコースターだから寝て起きたら多分もうない!死ぬ!
現場に行ったら女性声優さんばっかり見ちゃうのも内田さんに厳しいことばっかり思っちゃうのもやめたい。私は内田さんの母親でもマネージャーでも偉いこと言える立場でもないし、思っていても本人に言ったりなんてするわけないし、善良なオタクでいたい。

彼がもっともっと上へ行けるように、私はそのお手伝いをしたいだけ。もっと素敵な景色を見てほしいよ、それこそ伊東さんが見ているような、最高の、素敵な景色を内田さんにも見てほしいよ。きっと私キラキラしてる内田さんが最高に大好きなんだ、これからもずっとキラキラしててほしいんだ、嫌なものなんて何も見ずにずっと笑っていてほしいし、ずっと今のお仕事を続けていてほしいんだ。憧れの人のそばでたくさんのことを学んで、それを彼だけのオリジナリティにしていけたらなって思うんだ、私は本当に、本当に、そのお手伝いがしたいだけで。

内田さんは元々オタクで、色んなライブとかも見てきてて。だからそんな彼が憧れた特殊なステージを、特殊な世界を、内田さんにたくさん見てほしいんだよね。あなたは憧れだったあのステージに立ててるんだよ、って私達が証明してあげたい。私が内田さんのファンでいられるのは内田さんが声優というお仕事を選んで、そして続けていてくれるからなんだよね。だからファンでいさせてくれることへのお返しとして、私はその証明をするひとりになりたい。それだけなんです

内田さんは本当に演技も上手いし、似たようなキャラを演じることが多いのにそれぞれちゃんと声が違っていてすごいなって思うし、アーティストとして大きい会社からデビューさせてもらえるくらいにはお歌だって上手いし、ダンスだって最初はキレしかなくてバタバタしてたけど最近は少し落ち着いて踊れるようになってもっとかっこいいダンスを見せてくれるし、トークスキルだって上がったし、最近痩せたからまたかっこよくなったし、たまにびっくりするくらいスベって変な空気になるけどその時に不安な表情を出さずに笑えるくらいの強いメンタルがあるし、愛されキャラで才能や可能性に満ち溢れた声優さんだからもっともっと幅広くお仕事をしてほしいし、目の下の隈が濃くなったのも心配ではあるけれどその分嬉しかったりもするし、ちゃんと実力で評価してもらってたくさん売れてほしい。

いや私多分内田さんの事めちゃくちゃ好きだな。めちゃくちゃ好きだな。私内田さんに出会えて良かったな!幸せだな〜!内田さんのファンでいられることが幸せ!これ以上ないくらいの幸せ!内田さんありがとう!この幸せとありがとうを、きっといつか返してみせるよ。

伊東さんしかなかった私にあなたは新しい世界を見せてくれるね。これからも、たくさんの色んな新しい世界を、新しい景色を見に行こうね。本当に本当にありがとう。私が夢を託したのは伊東さんだけれど、私の光も伊東さんだけれど、今の私の支えは間違いなく内田さんです。ありがとう。熱愛も炎上も全部飛び越えて好きだよ、好きって気持ちが止まらないんだ、大好きだよ、ありがとう。これからも無理しすぎない程度にお仕事頑張ってね、頑張って届けてくれた分、私も精一杯心を込めて返すよ。ありがとう、本当に本当にありがとう。

一億年も前から恋してた

 

昔って言うほど前でも無いんですけど、2013年頃に消えてしまった、すごく好きな人がいます。キルアくんのりくさん、通称キルりくって方なんですけど、ご存知ですか。

私のこころの中にある、言葉に出来ないような複雑な気持ちを、言葉にしてくれる人でした。今でも定期的にブログの最後の記事を読みに行きます。
結局のところ私って所謂ポエミーな文章が好きというかなんというか、浮かび上がってきた単語全部並べて何も端折らずそのままお召し上がりください!みたいなのが好きなんですよね。
前の記事でも書きましたが、一昨年の夏とかはもう本当に鍵垢が酷かった。今でこそ落ち着いたけれど、本当に本当に、ひたすらにがむしゃらに、みっともなく、好きでした。大好きでした。あの人そのものが私で、私の生きる理由で、私の生き方で、迷わぬよう歩いてゆける、たった一つの道標で。神様で、太陽で、希望で、光でした。

私の中でのあの人は、りくさんにとってのキルアくんと同じようなポジションにいます。キルアくんは二次元だけれど。あの人は今日もこの東京のどこかで、生きているけれど。でも結局私は傍にはいられないんだもの。どんなに生まれ変わっても、どんなに地球が回っても、私はあの人の傍で生きられない。

こんな事を言うと各方面から包丁が飛んできそうなんですが、とどのつまりは二次元に恋したら妄想で付き合えるし結婚だってできるし一緒に死ねるし、相手とどんな風にでもなれるんですよね。私も二次元嫁だった頃はそうだった。私だけに、私が欲しい言葉をかけてくれる、優しい彼。でもそれは原作に登場する彼とはきっと別物なんですよね。乙女ゲームのキャラクターならまだしも。私が好きになったのはバレー部員と刀の神様でしたから、私を好きでいてくれるそのキャラクターは最早二次創作でしか無かった(ここでDDがバレる)。

閑話休題
今の私は恋愛を諦めてしまっていて。というのも、やっぱり私はこの人しか好きになれないなあと実感することが最近多く、昔とは違って穏やかな気持ちで、毎日好きだなあと思いながら生きています。スーパーガチ恋ですね!気持ち悪いですね!これが呪いの効果!すごーーい!

まあ何が言いたいかって、キルりくさんのブログは拗らせてるオタク全員読んでみるべきだよってことです。花粉と風邪のダブルパンチで死にそうだけど生きるぞ〜〜〜〜

君を知ったその日から僕の地獄に音楽は絶えない

 

某お友達はもしかしたらもう解いたのかもしれないけれど、私はまだ呪いにかかったままでいます。悲しいことに。
こんな呪い、いらないよ。でもこの呪いが無くなっちゃったらきっと私死んじゃうんだと思います。この呪いがあるから、生きている。単純に、あの人のことをまだ好きでいてしまっている自分がいるから、だから生きている。

推しくんの事は勿論大好きです。演技がとっても上手だと思うし、顔も好きだし、声は特別好きという訳でもないけれど、自身が演じる中で似たキャラクターがいても、それぞれちゃんと違う声だし。トークも聞いていて面白いし、司会進行も出来るようになったし。歌だって上手いし、踊るのも上手くなったし、もっとファンとして大切にされたいなと思う事はあるけれど、逆にそこが安心できる要素でもあるし。推しくんは非常に優秀な存在だと思います。何様やねんって話だけど。
推しくんは推していて楽しいです。お仕事に対する考え方や、真剣に取り組む姿勢がかっこよくて大好きです。だからこそ苦しかったりします。ガチ恋はもうしないし、したくないし、できるわけないからそこまでは良いんだけれど、この人を一番好きになって、純粋に応援出来ればどんなに幸せか、って思ってしまう。

結局私はまだまだあの人が好きで。世界で一番、大好きで。ガチ恋とか色々飛び越えて、もう本当に本当に好きで。仕方ないんだよもう。ここまで来ると好きをやめられるわけがない。見返りなんて何もいらないって思っちゃうんだからもうダメなんだと思います。
実際一番酷かった時よりかは落ち着いたけれど、でもなんかもう、うん、好きなんだよ(?) どんな言葉でも足りない。どんな言葉でも、あなたを表すには、あなたへの気持ちを表現するには、足りない。

いま現在、私のことを好きだと言ってくれる人はいて。私も決してその人のことを嫌いというわけでもないから、その人を知っていけば多分私もその人のことを好きになれるんだと思う。ほら私ちょろいし。
でも、どうしても。私の心臓はあの人にしかあげたくない。あの人以外は、もうどうだっていい。私があの人を好きでいられるなら、他はもうなんだっていい。

実際推しくんは精神安定剤みたいな存在で、会うと顔が好きすぎてちょっと病むけど基本的には元気をもらえるし、笑顔になれるし、何って推しくん関連で泣く事はほぼ無い。
それに比べてあの人は声聴いたら泣くし、会ったら泣くし、ブログ読んで泣くし、ツイート読んで泣くし、いやもうなに?って感じ。そこにある絶対的な差が、あの人を好きな理由であり、推しくんがあの人を超えられない理由でもあるんだと思います。私はオタクだから誰にも世界で一番好き!って言うけど、私の一番はどうしたってあの人で、それは私にも誰にも変えられない。

あの人が結婚発表したら、多分1年は死んだ顔してると思うし、毎晩泣くだろうし、どの現場にも行けなくなると思う。でもやっぱり好きなんだよなあって思いそうだから、私は本当に馬鹿だなって思います!いいんだよ私はあの人が歌っていてくれればそれでいいんだ!私が大好きな曲を、あの人も大切に思ってくれていて、たまに歌ってくれたらそれでいいんだ!

最近ずっとぐずぐずしていたんだけれど、開き直りました。私はあの人が大好きなままで、まだしばらくはやめられそうにないです。とりあえず、去年は一度も会いに行っていないので今年は会いに行こうと思いました。あの人の喉が早く良くなりますように。